ロレックス コピーオイスターパーペチュアルDatejust時計

クラシックな定番時計として長年伝統と、世界で最も権威あるブランド一つ柱として現代的な要求を融合させました。そ結果、モダンなシリーズは、私ような “古風な目 “を持つ人々や、特定色組み合わせで美しい外観を求める高級消費者からも絶賛され、賞賛されています。
今週最初一本目は、クラシックなロレックスデイトジャスト36コレクション(36mmケースは「36」)モデル116234(下)です。こモデルは現代コレクションほとんどバリエーションをカバーしていますが、今回ご紹介するは魅力的なブルーサンバースト型文字盤です。
先に述べたように、こモデルは直径36mmで、スチールとホワイトゴールドケースにロレックス自社製自動巻きムーブメント3135を搭載しています。サンバーストブルー文字盤にホワイトゴールドローマ数字アワーマーカー(古い分野では一般的に “バックリー “文字盤と呼ばれていた文字盤子孫)、3時位置にはお馴染みソリテール日付窓、12時位置にはホワイトゴールドアイコンである「ロレックス王冠ロゴ」クロックマーカーを備えています。他にも注目すべき「ロレックス」特徴は、フルーテッドベゼルです。文字盤一番外側にほかに見える会社ロゴ、アニバーサリーブレスレット、ムーブメントを保護する頑丈なケースバックなども「ロレックス」特徴です。

こモデルは、バックリースタイルアワーマーカー、ジュビリーブレスレット、頑丈なケースバックなど、先代モデルに敬意を表したもで、私がよく目にする「Reference 1601」や「1603 Datejusts」を彷彿とさせます…. しかし、本質的には、こ時計はこれら年を参考にしたもでも、オリジナル1940年代作品一つでもありません。ローマ数字アワーマーカーは印刷されておらず、針は歴史的特徴発光を欠いており、ラグは現代作品ではより顕著になっています。こ時計は明らかにデイトジャスト独自系譜一部でありながら、現代的なテイストも多く取り入れられています。
ヴィンテージロレックスデイトジャストは、第一に比較的手に入れやすく、第二に信じられないほど美しいため、こ市場では非常に人気があります。こ場合、これだけ多くロレックス愛好家がヴィンテージ時計世界に足を踏み入れていることは、私にとっても驚きではありません。私はミント中古デイトジャストために新しいもを得ることができた場合、それはおそらく現代も半額価格になるだろうし、私には、現代機能(例えば、外側に刻まれた繰り返される “ROLEX “など、奇妙に思える)下に多くお金を費やすことは、私は必ずしも欲しいとは思わないかもしれません。しかし、こ知識を持ってしても、消費者が昔ながらオプションに惹かれることはまずないだろう。